1. ホーム >
  2. ネオニートの稼ぎ方 - 上級 >
  3. アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ

インターネットビジネスの中では最もよく知られているものはアフィリエイトでしょう。
成功すれば自宅にいながらまとまった収入が入ってくるので、ネオニートはもちろん、
多くの人が取り組んでいます。
アフィリエイトだけで生計を立てている人もたくさんいます。

アフィリエイトとは?

インターネットをよく使う人ならば、コンテンツ内に商品の画像とリンクを貼り付けたホームページやブログを見たことがあると思います。
そういうサイトは、たいていはアフィリエイトをしている人が作っているものでしょう。

アフィリエイトは、自分のホームページやブログに広告リンクを貼り付け、
訪問者がそのリンクをたどって商品を購入すると、
その売り上げの一部が報酬として入ってくるシステムです。

グーグルアドセンスなどのクリック保証型広告と異なる点は、広告を自分で選ぶことです。
クリック保証型広告は決められた広告タグさえ貼り付ければ、
サイトのテーマに関連した広告が表示されますが、
アフィリエイトの場合、数ある商品やサービスの広告の中から、
気に入ったものを自分で選んでサイトに貼り付けます。

また、報酬がもらえる条件も、
クリックだけでなく実際に商品が売れて報酬が入るという広告がほとんどです。
そのため、始める難易度も報酬のハードルも高めですが、
商品が1つ売れて1万円以上の報酬が入るような高額プログラムもあり、
成功すれば高収入が期待できます。

アフィリエイトを始めるには、まず自分のホームページやブログを作成し、
その上でASP (アフィリエイト・サービス・プロバイダ) と呼ばれるサイトに登録します。
次に、その ASP から広告リンクを仕入れて自分のサイトに貼り付けます。
そして、あなたのサイトを訪れた人がそのリンクをたどって商品を購入すれば、
ASP から報酬が支払われるわけです。

主なASP

アフィリエイトのメリット

稼げる額に限度がない

アフィリエイトでもらえる報酬額は広告によってさまざまで、本当に高いものだと1成約で10万円くらいもらえるようなものもあります (住宅購入、社員採用など) 。
そこまで高いものは成約率も非常に低いものですが、
報酬5000円くらいの広告ならば、現実的なレベルで稼ぐことが可能です。

報酬額がそこそこ高く成約に結びつきやすい広告を狙って、
いくつもサイトを立ち上げていけば、
月収50万円くらいは個人でも努力次第で十分可能です

ネットビジネスの核となるスキルを学べる

アフィリエイトの世界では、HTML の知識や稼げる文章の書き方、
SEO対策 (検索エンジン上位表示対策) など、
ネットビジネスでは避けては通れないテクニックを総動員します。

インターネットビジネスの多くは、自分でホームページを作成して行うことになるため、アフィリエイトを卒業してさらに上級のビジネス (ドロップシッピング、ネットショップなど) に取り組むことになっても、アフィリエイトで得た技術は大きな資産になるはずです。

アフィリエイトの注意点

稼げるようになるには時間と労力が必要

アフィリエイトを始めるには、まずはホームページなりブログなりと、
自分のサイトを作らなければなりません。
サイトを作って、はじめて広告タグを貼り付けることができるのです。

ブログの始め方が分からなければそこから調べる必要がありますし、
ホームページを作るのならば HTML やレンタルサーバ、FTPソフトなどの知識も必要です。

クリック保証型広告の場合もそうでしたが、アフィリエイトを始めるまでには、
かなりの知識と時間と労力が必要になります。
アフィリエイトでまともな報酬が入るようになるまでは、
集中して取り組んでも3ヶ月以上はかかるのが一般的です。

売れないと報酬は入らない

アフィリエイトはブログライターのような即金性はなく、
またグーグルアドセンスのようにクリックされるだけで報酬が確定するものでもありません。
あなたのサイトの広告をクリックして、
その先の商品が売れないと報酬には結びつかないのです。
中にはクリックされるだけで報酬が入るプログラムもありますが、
その場合の報酬は1~5円程度の微々たるものです。

商品が売れるためには、サイトに有益な情報を用意し、
このサイトならば信用できるという安心感を訪問者に与える必要があります。

遊び感覚で報酬が入るビジネスではないため、
腰を据えてじっくりと取り組む姿勢が重要です。