1. ホーム >
  2. ネオニート基礎知識 >
  3. 必要なスキル

ネオニートに必要なスキル

ネオニートになるには資格も免許も学歴も要りません。
しかし、まったくの無学でネオニートになれるかというと決してそんなことはなく、
作業をする途中でさまざまなことを学習していく必要があります。

大衆のニーズに応える力が勝敗を分ける

ネオニートが一般のサラリーマンと大きく違うところは、
単に作業をしっかりやれば収益が保証されるわけではないということです。

会社員ならば、指示通りの仕事をすれば給料がもらえます。
たとえその指示が間違ったもので、会社全体が不利益を受けたとしても、
そこまで責任を持つ必要はなかったわけです。

しかし、ネオニートはすべて自己責任でやっているのですから、
方向性を間違ったまま努力した場合、その努力は水の泡になってしまいます。

せっかく時間をかけておこなった努力を実らせるには、以下のような能力が必要です。

ニーズを見極める力
収入は顧客のニーズに応えることによってのみ発生します。
どんなに好きで得意なことでも、
その情報を必要としている人がほとんどいないのであれば、
趣味としてはともかく、ビジネスとしては成り立ちません。
自分の得意分野に合わせてコンテンツを作成するのではなく、
まずはニーズがある分野を見つけて、それに合わせて自分の得意分野で勝負する、
あるいは得意分野を開拓していく姿勢が重要です。
情報収集力
需要が多くて供給が少ない分野は何か、
ホームページやブログを検索エンジンで上位に表示する方法はないか、
文章力がうまくなるテクニックは……、
など、常に疑問を持ってそれを解決するための情報を集めるのです。
このサイトを訪れている人は、
おそらく「ネオニート」などのキーワードを検索してたどり着いた人が多いでしょうから、
検索力はあると思います。
しかし、検索だけではオリジナリティのあるコンテンツを作るのは難しいと思います。
コンテンツを作るのに専門的な知識が必要であれば、
図書館に行って専門書を読みふけるくらいの意気込みも必要です。
文章力
ブログやホームページ、メルマガのメインとなるコンテンツは文章です。
インターネットビジネスでは文章を使って訪問者に情報を提供するわけですから、
分かりやすく読みやすい文章力を身につけることが重要です。
訪問客の立場に立つこと
ホームページやブログを運営する場合、内容だけでなく、
訪問者にとって見やすい配色になっているか、清潔感のあるデザインになっているか、
不快な表現になっていないかなど、とにかく訪問者の立場に立つことが重要です。
ユーザー目線で是非を判断していくということですね。

以上のようにネオニートになるには、さまざまな能力や視点が必要になりますが、
最初からすべてが備わっている人は考えられません。
それどころか、そんなスキルはまったくないという人が多いと思います。
それでも大丈夫です。
実際に作業をしながら少しずつ身につけていけばよいのです。
というより、実際に作業をしなければ身につかないでしょう。
ネオニートは常に OJT (仕事の中で訓練されていく) の状態にあると思ってください。

私自身、ニーズがないにもかかわらず、
その情報をかき集めて作ってしまったホームページやブログがたくさんあります。
当然、それらはまったく稼げていません。
でも、それはそれでいいのです。
スキルを磨くための練習台になったわけですし、
しかもどんなに人の役に立たないホームページやブログであっても、
他のサイトへのアクセスアップに利用できます。

したがって、失敗を恐れずとにかく行動することが、必要なスキルを身につける近道です。