1. ホーム >
  2. ネオニートのすすめ >
  3. ネオニートに向いている人

ネオニートに向いているのはどんな人?

このサイトが役立つ人は?

そもそもネオニートになろうか考えている人は、失礼な言い方かもしれませんが、
順調な人生を送っている人ではないでしょう。
自分の人生、将来のあり方に深い悩みと疑問を感じている人だと思います。

具体的に言えば、
このまま会社員になって働き通しの人生を送ることがどうも腑に落ちない学生さん、
とりあえず会社員になってみたものの、会社の方針に従えない、
上司の言うことが聞けない、社会に適合できないなどで悩んでいるサラリーマンなどです。

私は、そういう悩みは当然のように起こるものだと思っています。
何の疑問もなく会社で働ける人のほうが不思議なくらいです。
その悩みが一定以上まで膨れ上がってくると、
ネオニートという選択肢があらわれるのです。

当サイトは、そういう人たちを想定して作られています。
次のいずれかに当てはまる人は、ぜひ読んでほしいと思います。

  • 現在学生で、就職に前向きになれない人
  • 現在サラリーマンだが、組織で働くことに嫌気がさしてきた人
  • 現在ニートの状態にあり、そこから脱出したい人

必要なのは興味と意志と集中力

会社で働くのが嫌なのは間違いないけれど、
かといってネオニートになれるかどうか不安という人も多いと思います。

ただ、適性の最も重要な要素は、必ず達成するという強い意志です。
この意志さえ持ったならば、目標の半分は達成したも同然と言われます。
したがって、このサイトを真剣に見ている人ならば、
ネオニートに向いている可能性は非常に高いといえるでしょう。

ただ、このように精神論的な言い方をしても納得されるか分からないので、
実際の作業内容に即して言うならば、
パソコンを使った創作が好きな人
はネオニートになれる可能性が高いといえます。

創作といってもCGや音楽などの芸術作品を作る必要はなく、
ブログを書いたりホームページを作ったり、
メルマガを発行したりすることに興味を持っていれば大丈夫です。
あるいは、パソコンが好きで一日中画面に向かっていても苦にならないという人ならば、
まず適性はあるといってよいでしょう。
もっとも一日中画面とにらめっこというのは、別の意味で問題になるかもしれませんが、
少なくともパソコンやインターネットが苦手意識がないことが大前提です。
自分のブログやホームページを現在持っている人ならば言うことはありません。

ただ、ネットが好きと言っても、それだけではネオニートにはなれません。
当サイトで紹介している手法は、インターネットを利用したビジネスですので、
どうすればお金になるコンテンツを作れるかを考える必要があります。
たとえばブログを作って稼ぐ場合、単に日常の出来事を書いていくのではなく、
読んだ人に役立つかどうかが重要になってきます。
つまり、単なる趣味や自己満足ではなく、
訪問者にとって有益なコンテンツを作る必要があるわけです。
人のためにならなければ、自分の利益も上がらないというのがビジネスの鉄則です。
そのことを理解できる人だけがネットビジネスで成功し、ネオニートになれるのです。
よって、ネオニートになるためには、ビジネス感覚が不可欠です。

いきなり難しいことを述べてしまいましたが、ビジネス感覚については、
実際にパソコンに向かって作業する中で徐々に身につけていけば大丈夫です。
とりあえず入り口段階で必要なことは、
パソコンやインターネットを使った作業が好きであること、必要最低限の集中力、
そして、何があってもあきらめないという強い意志です。

ちょっと面倒なことや困難なことがあると、すぐに投げ出してしまうような人、
ゲームや動画などの誘惑に負けやすい人などは、
残念ながらネオニートになるのは難しいでしょう。