1. ホーム >
  2. 学生からネオニートになる

学生からネオニートになる

本当に就職したいですか?

ネオニートを考えている人ならば分かると思いますが、
会社員は毎日朝から晩まで働き通しで、時間的余裕がありません。
自分の時間を犠牲にしてまでお金がほしいと思わない学生たちにとって、
就職という未来はとてつもなく暗く、気が重いものであることはよく分かります。
がんばって就職したその先にあるのは会社からの束縛のみ。
そう思ったら、就職活動に前向きになれるはずがありません。

就職に向かない人とは?

自由な時間が大事という発想の根っこは、自分へのこだわりです。
自己主張が強く、仕事内容や職場環境に対して注文が多い人は、
自分に合った就職先を見つけるのは難しいでしょう。
ないものねだりをするくらいならば、自分でビジネスを始めたほうが近道です。

今から準備しておくべきこと

学生の特権は時間がたくさんあるということです。
ネオニートになる決意が固まっているのならば、今すぐにでも作業に取りかかるか、
準備を始めてしまっていいでしょう。
パソコンやインターネットの知識があまりない人のために、
準備しておくべきことを重要度の高い順番に紹介していきます。

実力主義の発想

ネオニートを目指すのならばどうしても身につけておかなければならない発想。
それは、実力がすべてを決めるということです。
特にインターネットビジネスは、労働時間でお金がもらえるのではなく、
実際に商品やサービスが売れたという成果が出なければお金は入ってきません。
だからこそ、自由で無限の可能性を秘めた世界なのです。

学校を辞めたいと思っている人へ

やりたいことが分からないから、とりあえず大学へ行く人が多いですよね。
大学生の8人に1人は中退すると言われますが、当然の数字でしょう。
目的意識がないまま義務教育でない学校に進学したならば、
学業不振になったときなどに立ち上がれなくなります。
大学に限らず、現在通っている学校を辞めたくなった場合、
それは自分のあるべき姿を見つめ直す好機と考えましょう。