1. ホーム >
  2. 学生からネオニートになる >
  3. 学校を辞めたい人と思っている人へ

学校を辞めたい人と思っている人へ

現在学生で就職という道を選ぶ気になれず、
ネオニートを目指そうと思っている人の中には、
すでに学校を辞めたいと思っている人もいることでしょう。

明確な目的もないまま、「周りが進学するからとりあえず私も」という気持ちで入学すると、
その時点で中退フラグが立っているといっても過言ではありません。

授業料を払ってやりたくない勉強をするくらいならば、
さっさと辞めて自分の進むべき道を歩んだほうがいいこともあります。

とはいえ、学校を辞めるなどという大決心は、そう簡単にできるものではありませんよね。

大学3年で中退しておけばよかったかもしれない

ここで管理人の大学時代を紹介します。
私がネオニートを目指そうと思ったのは、
大学卒業後、一般企業に就職して4年くらい経ったころですので、
まだ将来の方向性がはっきりしていなかったころの話です。

私の最終学歴は大学卒業です。
しかし、この学歴は今となっては誇りには思えません。
大学4年になった時点で中退しておいたほうがよかったと思えるくらいです。
理由は、4年生になるころには大学でやっている学問に興味が持てなくなっていて、
ただ授業に出席するだけで無意味な時間を過ごしていたからです。

私は高校生のときから「素材」に興味があり、大学では化学を研究して、
さまざまな物作りに応用してみたいと考えていました。
そのために受験勉強に励み、結果、1浪して希望の理系大学に入ることができました。

しかし、大学に入学してからの毎日は本当に辛いものでした。
授業の内容がさっぱり理解できないのです。
化学を勉強しにきたつもりなのに、量子力学とか微分方程式とか、
物理や数学で使う複雑な数式ばかりが説明されるのです。
大学のある教授が「化学系の学部は、化学なのか物理なのか数学なのか分からないものなんだよ」と言っていたのがとても印象的でした。

私は、数学はまだしも物理は苦手だったので、
この時点で学習意欲をなくしていたといっても過言ではありません。
もはや、素材を研究しようなどという初心はなくなっていました。

とはいえ、せっかく入った大学なのでこの程度で辞めるわけにはいかないと思い、
意地で勉強しました。
……単位を取って進級するためだけに。
それでも1年・2年・3年のうちは、意義のある勉強でした。
理系学部だけに単位認定が厳しく、真面目に勉強しなければ進級できませんでしたから、
相当な忍耐力がついたと思います。

では、4年になってからはどうだったのかというと、まったくの無駄な時間だったと思います。
私は成績が悪くて、卒業研究を履修できなかったのです。
私の学科は卒業研究は必修でなかったため、
他の科目で単位を補充すれば卒業できるようになっていました。
他の多くの同級生が研究に励む中、
私は週2回程度の講義に参加してレポートを提出して終わりという、
無味乾燥とした大学生活を送っていたのです。

4年生になるまでは、単位を取るだけのためとはいえ、
とりあえず死にものぐるいで勉強しましたから無駄にはなっていないものの、
4年次の1年間は本当に学費と時間を無駄にしたと心から反省しています。

大切なのは学歴ではなく実力

私が最近になってようやく気づいたことは、
学歴や立場を維持するためだけに学費と時間を使う愚かさです。

実際に社会経験を積むと分かりますが、
○○大学卒業などという肩書きは単なる自己満足の材料でしかなく、
人間社会を渡っていくために役立つものではありません。
有名大学卒業という理由だけで社内で優遇されたり給与に差がついたりするのは、
バブル時代の神話か一部のブラック企業くらいでしょう。

そんなことよりも、たとえば絵が得意でキャラクターデザインができる、
コンピュータのプログラミングができる、
文章が得意でシナリオを書ける、
といった実践的な能力のほうがはるかに価値あるものです。

そういった能力を生かして社会で活躍している人は、
たとえ高卒でも中卒でも、充実した人生を過ごしていると思います。
目的もなく漠然と過ごしている大学生とは、精神年齢がまったく違います。

いろいろと長くなってしまいましたが、表面的な立場や世間体にこだわって、
貴重な時間とお金を無駄にしてほしくない
ということです。

学校の勉強内容に興味が持てないのに、
ただ学生という立場を買うためだけに授業料を払っている……、
と感じたならば、退学も選択肢の1つでしょう。