1. ホーム >
  2. 学生からネオニートになる >
  3. 実力主義の発想

実力主義の発想

紹介するのはすべて成果報酬型ビジネス

当サイトで紹介しているインターネットビジネスは、
アフィリエイトにしても広告収入にしても、成果に応じて報酬が支払われるものばかりです。
働いた時間だけ給料が支払われるアルバイトや会社員とはまったく異なります。
完全歩合制というわけですね。
一般の会社員やアルバイトで給料を完全歩合制にしたら違法になりますが、
個人事業として始める場合は当然の支払体制です。

たくさん成果を出せば上限なしでいくらでも稼げる一方、
成果が出なければ、どれだけ時間をかけて努力しても報酬ゼロということになります。

報酬というのは、本来、他人に利益を与えたことへの対価として支払われるものであり、
「これだけがんばった」という個人的な都合に対して支払われるものではありません。

かなり厳しい世界のように感じられるかもしれませんが、
学生の皆さんならば、こういう世界は今までも経験してきたはずです。
どれだけがんばって勉強したといっても、
入試で合格点を取れなければ学校には入学できませんよね。
これとまったく同じことです。

ネオニートは実力主義を望んでいるはず

成果が出ないと報酬がもらえない実力主義社会は、
厳しさを覚える反面、ネオニート気質の人にはうってつけの世界です。

なぜなら、逆に働いた時間だけお金がもらえる場合を考えてみてください。
そのほうが楽だと思いますか?
そんなことはないはずです。

働いた時間だけお金がもらえるのならば、その時間はみっちりと働かなければなりません。
始業時刻までにしっかりと出社し、仕事中はプライベートのことは一切考えずに、
会社の利益に思考を一点集中させて心身を捧げてこそ、給料はもらえるものなのです。

ネオニートになろうとしている人は、そんな生活は望まないはずです。
すべて自分の意思で決定したい。
報酬も自分の力で作っていきたい。
そう考えている人ばかりだと思います。

誰の指図も受けず、ルールに縛られることもなく自由にやりたいネオニートは、
そう思った時点で実力主義の世界を好んでいるのです。

学業が忙しい人は学業をがんばりましょう

ネオニートになる準備は、時間がある学生のうちにしておくべきと述べましたが、
理系の大学など、時間がない学生さんはどうすればよいでしょうか。

学校を辞める決意が固まっているような場合は別として、
今のところは学業に専念するのもいいと思います。
なぜかというと、実力主義のトレーニングになるからです。
欧米の大学のように、実力のない者を卒業させない方針は、
まさに成果報酬型のビジネスにおいては基盤となる精神です。
講義にもほとんど出席しなくてよく、
卒業論文もコピーで通ってしまうような学校では学べないことを、
今のうちに学んでおいてください。
単位認定基準が厳しく、簡単には卒業できない学校に通っている人は、
これからのネオニート生活を乗り切るマインドを築くチャンスだと考えましょう。

一方、学業が忙しくない学生はどうするか?
迷わず、学生のうちに準備しておくべきことを準備してください。
ただし、ネオニートの道を歩くようになってからは、
学生時代のように甘くないということを心に留めておいてください。